open

HOMEブログ


ブログ

◆◆会議やプレゼンテーションに役立つスキル⑨~議事録の書き方◆◆

2018年02月05日


会議に参加すると、議事録係というものがあります。

議事録は会議に参加できなかった人でも「情報の共有」ができる、

会社にとっても大切な資料です。

なのでただ参加者が話していることを書き留めて、提出すればいい

という訳ではありません。

議事録を作る際は、

 

・会議の名前

・司会の名前

・開始日時/終了日時

・場所

・出席者の名前(クライアントがいる場合は会社名・役職名も)

・会議の目的

・決定事項

・提案・発言者の名前

・補足

 

これらをまとめることを意識して、議事録を取ってまとめられるようにしましょう。

特に誰がどんな提案・発言をしたのか記録しておくことで「言った・言わない」の

トラブルを防ぐことが可能になります。

また、提出物や目標、予算などは特に誰が行って、誰が許可し、

いつまでに行うのかを記録しておけば、その後の仕事もスムーズにいきます。


議事録は時間が経てば経つほど会議の内容を忘れてしまうので、

終わってから24時間以内に完成させることを目指しましょう。


Time Office会議室の詳細はコチラ

http://timeoffice.nagoya/room/index.html

記事一覧